双子座グラフィティ

眠れない夜に謳歌を蒔いてゆく

Ye -夜-

 推しが出演した舞台の感想を書きたいと思いつつ一つも書けないまま、別の舞台の感想を書きます…笑
 推しの出てる舞台の感想ってなぜかびっくりするくらい書きにくいんですよね。なんでだろう。気負うからかな。

 というわけで、Ye -夜-を見てきました。
 北村諒くんはあんステと青エクで、松村龍之介くんは青エクとミュージカル八犬伝で舞台を見たことがあります。今回夜を見たいと思ったのは、あののすけくんが!こんな役を!と思ったからです。
 だって、のすけくんてあらゆる意味で優等生というか、ピュアそのものだと思っていて。推しさんと一緒に出た滝口さんのAbemaTVでも本当にいい子で…そんなのすけくんがきたむーに溺れちゃうとか、そんなの見たいに決まってるじゃないですか!
 平日夜に狙いを絞ったらありがたいことにチケットが当たったので、どきどきしながら行ってきました。
 以下、ネタバレしかないです。よろしくお願いします。




 会場に入って舞台に目をやったら、ど真ん中にシーツらしきもので覆われたマットレスらしきものがあるんですよ。この時点でもう無理じゃないですか!?無理ーって心の中で叫んでしまいましたよ。いや、そういうお話なんだから、そういうものがあってしかるべきなんですけどもね。いやいや。大変なところへ来てしまいましたよ。

 照明が落ちて、気づいたら通路に現れた二人。ここから始まるのか!と、通路でのお芝居にいろいろ思うところがあったりするのですが、本当に距離を表しているだけでした。ほっ。

 そして、いきなりのラブシーンですよ。もうね、度肝抜かれた。だって始まって何分たった?って感じだよ?もう喘ぎ声なの?もう?え?まじで?
 って大混乱してるうちに、どうやら回想シーンです。もう少し進むまでどっちかわからなかった。でも、もっとはっきりわかる形だったらよかったのにな。のすけくんの演じる夜来香がきたむーが演じる水仙にもう一回会いにきたのかと思っちゃったんだよね。そのことをずっと考えてたから、肝心な二人の出会いのシーンをちゃんと覚えてないんだ。自分のぽんこつ具合にがっかり…
 ひとつ心に残ってるのは、夜来香と致してるときの水仙がしあわせそうで、キスするときに自分に戸惑ってしまうくらい感情があふれているように見えたんだよね。それがあとで別の客にお口でしてあげて、アレを吐き出すときの表情との対比でよかった、んだけど。最初しか夜来香と水仙はしてないからねー。最初ちゃんと見ておかないと対比もなんもないからなー。

 でもね、最初にがっつりベッドシーンでよかった。あれを最初にぶちかまされたおかげで、そのあとの全てが平気になった。そういう世界だって理解できた。
 きっと二人は大変だと思うんだけどね。だって、空気がまだまっさらな状態でいきなりあれだもの。でも、あの二人の絡みでぶん殴ってくれるおかげで、あの世界に入り込めるんだよね。ほんとすごいと思う。

 今回すっごく好きだったのは平田裕香さんの演じる薔薇ちゃん。ていうか、あの場で薔薇ちゃんを好きじゃない人絶対いないと思う!最高の女の子だった。はすっぱだったりおしとやかなフリだったり、女だったり少女だったり、光も影も全部持ってる女の子。
 あのアイスのシーン、最高じゃないですか!「Oh, yes」って言ってるの、ほんと最高。薔薇ちゃんったら洋モノ見て研究してるのかなって思って楽しかった。あのシーンはエロいことがベースにあるのに、二人ともほんとに無邪気でかわいくて、それがなんだか切なかった。

 もう一つ好きだったのは、傘のシーン。雨が降って来て、傘で隠れながら売りのみんなが客と夜の街に消えていく中、置かれた傘を手にして登場する夜来香の美しさね。きれいで、ピュアで、混じりっけのない美。
 以前「孤島の鬼」で石田隼くんが登場したときにも思ったことで、こういう趣味だし若い男の子のきれいな顔ってたくさん見ているのだけど、清潔感のあるお顔ってそれだけですごく説得力があるなあって…何が言いたいのかうまく言えないですけど、とにかく、あの傘を閉じて現れた夜来香はやばいなって思いました。

 薔薇ちゃんと夜来香のシーンも可愛かった。
 薔薇ちゃんの前では水仙も夜来香も素でいられるのかなあ。それって薔薇ちゃんの力とも言えるよね。
「いやらしくない、これが私の名前なんだって思えるようなやさしい声で」という薔薇ちゃんの言葉は夜来香は聞いてないはずなんだけど、それを自然とやれてしまうのが夜来香だよね。受け取る薔薇ちゃんのちょっと照れて斜に構えてる感じがほんとかわいかったし、そのあと夜来香がアイスを買いに行って一人になったらお花の香りを胸いっぱい吸い込む姿はほとんど幸せと同じだと思う。

 あと、書かないわけにはいかない、谷口さん演じる刺さんね。あの登場しただけでぴりっとする感じ、ほんとやばい!こいつはやばいぞ、って会場中が思ってるって考えるとほんとすごい。さっきからやばいとすごいしか書いてないけど平常運転です。
 最初だけでも嫌な感じだったのに、どんどん最低さを露骨に出して来て、うわーーー悪役だーーー悪役が来たぞー!!!って感じ。やばい。

 刺さんが登場したときだっけ?上手の方で夜来香が初めての体験(?)をしてるのは…
 密やかに始まっていて、でも下手側ではお話が進行しているし、なかなか大変な状況でしたね……
 全てが終わって一人になったときの苦しみ悶えている姿。吐きそうで気持ち悪くて、ただただ苦しんでいる姿。
 水仙も薔薇ちゃんもあんな感じだから、夜来香だけが感情を爆発させていた気がするけど(違うか。夜来香の前だと水仙もちょっと爆発するね。なんだよー、好きなんじゃーん)、負の感情も一番発散させていて、見ていて辛かったです。でも、それでもわかりたいんだもんな。そこが夜来香の強いところだよ。愚直なまでにまっすぐだもんな。


 これから観劇される方がいたら、この先はどうか読まないでください!ここはネタバレしてほしくない、お願いです!この衝撃を味わって!


「先輩?」って夜来香が呟いたときの静寂さ。ほんと、しびれました。まじかーって。
 私はベタなところで、先輩は実は夜来香狙ってるんじゃないの〜とか思ってたけど、そっちだった。まさかのそっちだった。迂闊だった。でも騙されてよかった。
 そこからの狂った刺さんね。あの咆哮、たまらん。
 からの、「俺たちは先輩の奥さんじゃありません」ね。この言葉、夜来香だからこその威力だった。透き通った声で、うつくしい顔で、じゃなかったらきっと刺さんはもっと荒れ狂って死者も出したかもしれない。あそこでよろよろと出ていったのは、夜来香が言ったからこそなんじゃないかって。やっぱり刺さんは夜来香を好きだったのかなあ。

 エンディングもすごくよかった。
 薔薇ちゃんが二人にキスするの、本当に最高だった。わかる〜〜〜〜!!!って思いながら、だから薔薇ちゃん好きなんだよぉぉぉぉぉ!!!ってなってた。
 笑顔で「あんたたちのことは嫌いじゃない」って言う薔薇ちゃんには幸せになってほしい。

 二人になって、俺もここで休むって夜来香が宣言して、でも座るのは少し離れた場所なの、ほんといじらしいよなあ…!こんなときくらい強引に隣座っちゃえばいいのに、ちゃんと距離をとるところが夜来香だなって思う。
 水仙が寝ちゃった夜来香に話しかけるの、かわいかった。ツンデレありがとうって世界に感謝した。そんな最高にかわいい水仙を見られない夜来香はいかにもそういうキャラだ!おやすみ3秒なのもいかにもだ!愛しい水仙の可愛い姿を見られないなんて、とんだ間抜けだこと!
 ふらふらと立ち上がった水仙がネクタイを手に取ったときはやっぱりだめなのか、ネクタイを締めるのかな、出ていくのかバッドエンディングなのかって不安になったけど、あの薄汚れたシーツを怒ったように引き剥がして。もう世界の果てはいらないんだね。夜来香がそう言ったもんね。
 あえて距離を置いて座った夜来香の隣に自らの意思で座って、寄りかかって来た夜来香を愛おしげに見つめて。
 好きな曲と、世界を変えてくれた人と。眠る水仙は今までで一番無防備で、その姿をさらせたのは二人が出会った場所で。うつくしいエンディングでした。

 カーテンコール、一人で真ん中奥にはけていくきたむーは水仙そのものだったし、ダブルカーテンコールで夜来香のシャツの後ろをがっと掴んで二人でお辞儀するのも最高でした。ああ、尻に敷かれちゃうやつだね夜来香、がんばれ〜〜〜!!!と思いながらめっちゃ拍手してました。


 ああ、思い返すとすごかったなあ。こうして一気に感想書いちゃうくらい心のいろんなところを揺さぶられたお芝居でした。ううううう、ほんとにチケット当たってくれてありがとう〜〜〜〜!ほんと、素敵な舞台でした。見られてよかったです。


 次は推しさんの舞台の感想を書きたいものですね…笑
 びっくり箱とか最高だったんだけどな〜〜〜