双子座グラフィティ

眠れない夜に謳歌を蒔いてゆく

またまた舞台ジョーカー・ゲームの感想

舞台ジョーカー・ゲーム、ありがとうございました!

三輪神さまを始めとするいろいろな方の絵や感想や考察を楽しく拝見しておりましたが、私も忘れないうちに書きたくて!先日の取り急ぎの感想から、千秋楽終えた今の感想を改めて書かせていただきますね。

ちなみに前回のぐっちゃぐちゃの感想はこちら。
geminigraffiti.hatenablog.com



  • オープニングのこと

前回も書いたけど、西田さんの舞台のオープニングが好きです。青エクでもしばらくはオープニングのことばっかり思い返してた。舞台なのに、まるでドラマみたいにオープニングテーマがあって、キャストや物語の紹介がある。これは2.5次元だからだろうなって思います。好き嫌い別れるところのようにも思うけど、私は好きです。

うまいこと一人ずつ紹介するんですよね。まず実井が新聞から顔を出したと思ったらめっちゃ笑顔で発砲するでしょ、波多野が上手で敵をかわして、小田切は写真を見てはっとして、甘利はエマちゃんとフラテをよしよしして、神永はアクロバティックでドンちゃんびっくり。
ここまでは何回も見たから覚えてた。田崎と福本の記憶がないなあ、と思ってたんだけど、ストーリーを理解した上でもう一度オープニングを見たら、実は!すでに!匂わせてたのね!結城中佐に資料を渡す田崎、と見せかけて福本に渡すという!すごい!最初からヒントがあったんだー!

イケメン回転寿司というパワーワード好きです。推しの甘利さんについて書くと、いったん台に腰をかけてから台の上に上がるんですけど、いちいちかっこいい。かっこつけるべき役だから、とことんかっこつけてくれました。ありがとう。

佐久間さんの万歳三唱(四唱)はいつも苦しくなる。曲の展開もあいまって、トートロジーという言葉が頭をよぎって苦しい。一方で、三好が切なげな表情で襟を触って去っていくところ、その背中を佐久間さんが見つめるところ、二日目から手を伸ばすようになったのも含めて最高でした。三好の仕草はこれからの物語を暗示していて、ゴードンの家宅捜索が終わって意識が変わった佐久間さんの三好に対する死への思い、本来は物語上見られないものなのに、ここで見られて最高でした。

途中、音楽と合わせてぱっと現れてぱっとトランプ散らすのもほんとかっこよかったんだけど、初日はちゃんと推しを見られたのに、以降どこだったか忘れて千秋楽でも見逃すという体たらく。奥の方だったかな……円盤でちゃんと確認しますね……

  • 楽日にしてようやく気づいたこといくつか

憲兵隊の音頭を甘利がとっていた!
これは推しなのに本当に気付かなかった……笑 ダン、ダダン!のダンを甘利さんがやってるんですね!三好が来たら、三好さんが指揮をとるんですけどね。誰が甘利さんにお願いしたんだろうって考えて楽しいし嬉しかったです。

—ユーゲント波多野は戸籍上未成年どころか18歳以下…!笑
冷静に考えたらすごいことですよ!どれだけかわいらしい見た目なの波多野ってば!笑
そしてパンさせる中佐も同じく18歳以下なのかな…「傑作だ!」って喜ぶ姿、恐ろしかったから。それだけ若い子がそんなふうになっちゃうなんて、改めて怖いなあって…

—小田切、影武者になる
二幕で三好は何回も遺体として登場するんだけど、一回ベッドが舞台上で垂直になるという演出があって、その直前にもベッドが出て来るから、誰が横になってるんだろうって気になってたんですよね。小田切でした〜〜〜!!!三好だけでなく、小田切のきれいな寝顔を見られて眼福でした。

—実は神永もドイツに潜入していた……?
これはあまり自信がないのでさらっと読み流していただきたいんですが、波多野と実井がわーわーやってるとき、あからさまにジャケットで顔を隠しながら去っていく人いませんでした……?その人、神永じゃないです……?違うかな。最後の最後にようやく思い当たった説なので、もしかしたら違うかも。でも、甘利も実井を助け出しにきてるし、神永もドイツにいたって何もおかしくはないですよね。誰だったんだろう、気になる〜!

  • 前回の感想で書きそびれたヴォルフ大佐と三好のこと

いくら結城中佐との因縁があったとはいえ、ヴォルフ大佐のマキへの執着って本当にすごくて、こっちとしてはもっと他にやるべきことあるんじゃね?という疑問は頭をよぎるものの、ちゃんと最後まで真木(=三好)がスパイだったことを追求するわけですよね。

「死とはスパイにとってはすべての終わりなのだ。しかし、何者にも正体を暴かれることなく葬られた、この真木克彦という男は、スパイとしての人生を全うしたと言える」ってセリフのときに帽子を外すところが最高に好きです。スパイを追っていた人だからこそ真木のすごさがわかるわけだし、文字通り脱帽しているわけで。ヴォルフ大佐が三好に対してそれだけ敬意を払ったという事実がとんでもないと思う。

  • ライビュってすごい

個人的にはあんステ以来のライビュがある公演でした。

発表も遅かったし、ハ●ステとかぶって会場も限られていたり、あまりいい条件ではなかったと思うんだけど、終わったあとの感想の増え方がすごくて!感動ものでした。

秒単位で生まれる感想ツイートを見ながら、これだけたくさんの人に見てもらえるなんてライビュって素晴らしいシステムだなあって思いました。

でも、ライビュはとっかかりとしては最高だと思うんだけど、勝吾くんが挨拶で言ってたみたいに、やっぱり劇場にも足を運んでいただきたいですよね。生でしか味わえないものがあるから。ジョーカー・ゲームのシーンとか、自分の見たいところを見られるんだよ!自分で見るところを決められる自由は何者にも代えがたいです。

もちろん、逆に舞台から原作に関心を持つこともあるわけで、私は目下のところ甘利さんがゆるふわとの噂のドラマCDが気になっています笑

ジョカゲは作品としての魅力がしっかりしているからこそアニメはたくさんの人に愛されているんだろうなって思っていたんですけど、舞台上演後の流れを見ているとそのラインアップに舞台も加わることができたように見えて、そんな作品に推しが出演できたことがとっても嬉しいです。



かなりジョカゲ民のみなさまの目を意識した感想文になりましたが、舞台ジョーカー・ゲームがこれほど盛り上がって本当によかったです!
再演や続編があることを期待しながら、ブロマイドを眺めて円盤を待ちたいと思います。あ、あとアンケート書かなきゃ!

舞台ジョーカー・ゲームを見たよ

推しの舞台の感想を書かねばと思って早数ヶ月。やっとチャンスが巡ってきたので書くよ!

先に断っておきます、取り急ぎっていう感じで思いつくままに書いたからぐちゃぐちゃですすみません。でも舞台ジョーカー・ゲーム、本当に面白いので!まだライビュチケット残ってる地域の方はぜひ!

もともと、ジョーカー・ゲームというアニメがあることは知ってた。スパイものらしいことは雰囲気で察した。それだけ。
推しの出演が発表された時、役名は伏せられていた。そして我々に配役と当てろという突然のクイズ。全部当てたら素敵なプレゼントがもらえるよ〜という企画、確かにスパイものらしくていいね!でもめっちゃ外した!しかも推しを!
公式さんはちゃんとヒントをくれてたんです。公式のインスタグラムが更新されるたびに悲鳴をあげる私。だってスーツめっちゃかっこいいのに、推しがどれかわからないんだもの!めちゃくちゃかっこいい!けど!推し!どれ!!!!!
ちなみにそんな最高の公式インスタはこちらでございます。
www.instagram.com

配役発表されて、ちゃんとビジュアルが発表されて、うなぎ上りに上がる期待値。だって、脚本・演出の西田さんも自信満々なんだもの!
アニメは配役ゲームがあったから、真面目に見ました。そして予習しておいて本当によかったと思います、初見でもわかるようにって西田さんおっしゃってたけど、弱い頭を持つ私には3回見てようやくいろいろわかったくらいだからね……

長い前置きはこれくらいにして、ここからはネタバレしかありません!よろしくお願いします!
なお、私が観劇したのは初日マチソワ、二日目マチソワです。よろしくお願いします!

続きを読む

Ye -夜- その2

えっ、続くの!?っていう。自分でもびっくりです。続けるつもりはなかったんだけど、もうちょっと考察したくなっちゃったんだよね。

ここまで考察したくなるのは推しが出ていないからこそだろうなと思います。推しが出ていないと一回しか見ないからより余韻に浸れる。推しが出ると連日通うことになるから感想を書いてる暇がないし、頭の中で何度も同じ感想を反芻するから書く前に飽きちゃう(あ、言っちゃった)。でもまあしょうがないよね。推しの姿は脳裏に焼き付けたいから通いたいもんね。

あと、今回公演期間が短いし、会場もとっても狭くてチケット難だったから、行けた者の責任として書かせていただこうみたいな謎の責任感もある。かもしれない。

とにかく、もうちょっと書かせていただきますね。ちなみに一回しか観劇していないので、細かいところはニュアンスですすみません。
もちろんネタバレしかありません。

続きを読む

Ye -夜-

 推しが出演した舞台の感想を書きたいと思いつつ一つも書けないまま、別の舞台の感想を書きます…笑
 推しの出てる舞台の感想ってなぜかびっくりするくらい書きにくいんですよね。なんでだろう。気負うからかな。

 というわけで、Ye -夜-を見てきました。
 北村諒くんはあんステと青エクで、松村龍之介くんは青エクとミュージカル八犬伝で舞台を見たことがあります。今回夜を見たいと思ったのは、あののすけくんが!こんな役を!と思ったからです。
 だって、のすけくんてあらゆる意味で優等生というか、ピュアそのものだと思っていて。推しさんと一緒に出た滝口さんのAbemaTVでも本当にいい子で…そんなのすけくんがきたむーに溺れちゃうとか、そんなの見たいに決まってるじゃないですか!
 平日夜に狙いを絞ったらありがたいことにチケットが当たったので、どきどきしながら行ってきました。
 以下、ネタバレしかないです。よろしくお願いします。

続きを読む

真夏の夜の夢(2016/7/14)

 あんステが終わってすぐにチケット取っていってきた。
 実はまだこの頃地方住みだったので、半休取って新幹線でビューンと。
 初めての2.5じゃない舞台、すっごくドキドキしてた。行けるタイミングが初日だけだったんだけど、ネタバレも何もない状態で行けるのも嬉しかった。(ライブでも初日は抑えたい派。セトリのネタバレがない状態でライブを見られる幸せ!)
 とにかく、一慶さんを推そうと思って初めての舞台だったから、すっごく緊張してたな。だから実はそんなに覚えてない。推しはとてもきれいだった。

 ハーミアはわたしとは違うなあ、と何度も思った。あんなに積極的だったことは人生において一度たりともないし、実際にきれいじゃないからなんだけど、わたしきれいでしょ、と恋人に向かって言ったこともない。
 推しはこういう女の子が好きなのかな、と微笑ましく思いながら観劇しました。恋をしている推しをあたたかい気持ちで見守ってました。
 あと、どんぐりって、って口パクしてるのを見られてよかった。「ん?まさか今どんぐりってって口パクした?」と思ったけど、後日それが正しかったと知られてよかったw

 言うまでもなく、ヘレナの方が仲良くなれると思った。報われない片思い、わたしはあそこまで脈のない人にアピールしつづけたことはないけど、いじらしいなあって思いながら応援してた。
 ハーミアが主人公だけど、ヘレナの方が感情移入しやすいというか、二人に言い寄られたときのあの態度とかさ、かっこいいじゃんね。小西くん、とってもよかったです。

 ストーリー自体は、最後の出し物?がよくわからなかったけど。パックに見せ場が必要だったのかな。それとも2カップルのいちゃつきぶりをもっと見たいでしょ、という制作側のサービスだったのかもしれない。ハーミアみたいな女の子にわたしはなれない(二度目)。


あいぽんに感想もどきが眠ってた。せっかくだから掘り起こしてみようと思います。

  • 可憐…!もしやこのために痩せてた!?もしや膝ずっと折ってた!?
  • 背が低い設定!言われたときキョトンとしちゃったよー
  • ヘレナがかわいそうすぎて!でも報われた後のディミートリアスを見つめる目が健気すぎて!
  • ハーミアが思ったよりおてんばでaikoっぽい女の子だった!(伝われ) 誓いのシーンの捲したてるところ
  • 最後のラップびびったw なんだあれ!?おもしろかったけど!
  • パックの役はおいしいねえ。ああいう道化さんってセクシーだよなあって
  • 寝顔!天使!!このために来たといっても過言ではない!!
  • 女子だった…
  • 一慶さんはああいう女の子が好きなのか…?
  • ゴマキに似てるよね。そっくりすぎて、途中からごっちゃんのお芝居見てる気になっちゃった
  • ヘレナの方がおしとやかなんだよなあ。恋と嫉妬に駆られてディミートリアスを追うけど、本当は女性らしい女の子。だからどれだけ恋が彼女を動かしたかってことだ。

なるほどね、そのときはこう思ってたんだな。「誓いのシーン」とか、残念ながら覚えていないけど、そのときのフレッシュな感想ってやっぱりいいな。これからもなるべく記録していくようにしよう!

しかしこのあいだの八犬伝は早速フレッシュな感想を残していない…反省は次に生かそう…

あんさんぶるスターズon stage!(2016/6/21)

 記念すべき推しと出会った舞台がこちらです。あんステ。

 そう、わたしは元々あんスタ廃人だったのです。気軽な気持ちで始めたソシャゲにここまではまるとは誰が予想したことでしょう。少なくともわたしはダイヤを無数に砕いたあげくに初めて行った舞台で若手俳優に転げ落ちることになるとは全く思っていませんでした。人生ってほんと、一寸先は闇。

 行った直後に書いた観劇レポもあるっちゃあるんですが……ただのあんスタ廃人丸出しなので、舞台の感想としてはあまり参考にならないことを先ほど読み返して実感しました。
 あのときと全く同じ気持ちにはなれないけど、あのときの感動を思い出しながら、今の気持ちも合わせて書いてみたいと思います。


 「びっくりしたでしょ、アタシから始まるのよ」という嵐ちゃん(北村諒さん)。確かに嵐ちゃんで始まるとは予想してなかったけど、ダイヤの原石として北斗(山本一慶さん)が階段から降りてくるとも思ってなかった。この時点で泣きそうになった。一歩ずつ階段を降りてくる氷鷹北斗。凛々しくて、きれいで。このときからあんステありがとうの気持ちしかなかった。
 続くのは北斗の熱い独白。実際のあんスタでも、始めてわりとすぐに出てくるのが北斗の独白。ああ、クールそうに見えて熱い子なんだな、不器用な子なんだなって思った第一印象。あのとき抱いたイメージの通りだって思ったときには山本一慶への感謝の気持ちが止まらなかった。

 すぐにRebellion Starが始まって、もうライブ!?って思ったけど、それを使って各ユニットを紹介していくシステム、悪くないと思った。
 でも、他の舞台もちらほら見るようになって、あんステって本当に特殊だなとも思うようになった。ミュージカルじゃないけど、ライブがないと成り立たない。感情が高まって歌うわけじゃない、だけど、そのパフォーマンスは物語の進行上(多くの場合で)必要不可欠で。あんステはあんステ。一慶さんが廉くんと話したっていうのがぴったりだと思う。
 結果的に推しとなった人の好きなシーンはたくさんある。Joyful×Box*で踊ってるときの内股具合とか。酢昆布のジップロックを閉めるときの几帳面さとか。
 でも、一つだけあげるとしたら「世界を塗り替える歌があるから」って歌ってるところ。あのパートは何度見ても胸が震える。毎回「北斗を演じてくれてありがとう」と思わずにはいられない。好きがあふれだしてしまう。

 一方で、いろいろと一慶さんのことをわたしなりに知った上で見返してみると、ただの一慶だなって思うことも多々あるw
 一番はあれだね、双子ちゃんとの特訓のとき、「耳はダメだ!」だね。あれは氷鷹北斗ではないと思う…あとは日替わり全般も完全に一慶でしかないwwwわたしも一応北斗推しだけど、わりと一慶寄りになった今、あの日替わりを受け入れてくれた北斗Pの皆様ありがとうって思う…ありがとうごめんね!

 ほんと、落ちたっていう表現がぴったりだよね。すぐさま「夏の夜の夢」のチケットを取って、一ヶ月も経たないうちに次の舞台へ行ってきました。あと、青エクの追加公演を必死で申し込んだよね…ほとんど完売だったから、追加公演に間に合って本当によかった…一慶さんが今年一番印象に残っている役に選んだ役をこの目で見られなかったら悔しくて耐えられなかったと思う。
 あのときのスピード感、楽しかった。どんな趣味でも、ハマりたてが一番楽しい。そのハマりたてのときに行ける舞台がちょうどあってよかった。

 あんさんぶるスターズをプレイしてなかったら一慶さんと出会えてなかったからね。不思議なご縁だな。ありがたいことです。
 これからもこのご縁が続きますように。とりあえず来年のあんステも見に行くよー!

初めましてのごあいさつ

 やっぱり140文字じゃ足りないんだ。

 というわけで、始めてみましたはてなブログ。ときどきTwitterで流れてくる考えさせられる文章ははてブロのものが多くて、始めるならはてなブログかなと思いまして。
 思いの丈、というよりも、自分用観劇メモにしようと思っています。あふれでる気持ちが止められない場合にはポエムも書くかもしれないけど。

 自己紹介もちょびっと。
・昭和生まれ
・関東
・推しは山本一慶さん
・舞台に関しても若手俳優に関してもド新規
 …あまり言うことはなかった。初心者だからってなんでも許されるわけじゃないのは重々承知しておりますし、なるべく粗相のないようにとは思っています。できるだけ空気読んで頑張ります。
 あと、推しの名前出すかどうか死ぬほど迷った。でも、ここで推しの名前ださなくたって観劇メモ観てればバレるなって思って、公表しちゃいました。でも書いちゃった方が推し大好きって言いやすいよね。あんステからのにわかですが、よろしくお願いします。

 今年のうちに推しに会える最後の機会も終わってしまったので、今年観劇した舞台を今更ながら振り返ってみようと思います。
 どう考えても2016年楽しかった。本当にありがとう。